王子光照苑
HOME»  法人概要

法人概要

社会福祉法人光照園 老人福祉施設開設の経緯

 初代理事長 鹿野光雄氏は、高齢化社会を迎え、特に市街地における老人福祉施設の設置の必要性を痛感し、北区王子に特別養護老人ホーム建設を計画し、昭和62年4月、自身が会長を務める鹿光グループ内に「社会福祉法人光照園」を設立。王子光照苑準備会を結成(昭和63年3月17日法人設立登記)し、デイサービス事業を付設した特別養護老人ホーム王子光照苑の建設計画を進め、昭和62年12月着工し、昭和63年11月に念願の開設。さらに、江戸川区北小岩に王子光照苑の姉妹施設「江戸川光照苑」を平成8年4月開設する。

理  念
 私たちは、人々の幸せを創造し、福祉サービス事業者として常に一流としての品質と地位を維持し、社会に高く評価され、ご利用者に満足いただける最高のサービスを提供します。そして、地域、社会、環境に貢献するホスピタリティ事業者として、将来に亘り事業の永続的な発展を目指します。

品質方針

  • 私たちは、すべての人々の期待に応えるパーソナルなサービスとホスピタリティの精神によって、創造性と先駆性ある事業を展開し、人々からの高い信頼と満足を得ます。
  • 私たちは、1人ひとりのライフステージのファンとなり、その価値を受け止められる「人としての豊かさ」を身につけ、研鑚と努力を惜しまず、プロとしてその専門性を高め、介護サービスのあるべき姿を提示します。
  • 私たちは、事業経営の安定性と透明性を確保するとともに、生命あるものや環境を大切にした地域社会の創造と発展に貢献します。
  • 私たちは、光照園へ寄せられる貴重なご意見、ご批判などを真摯に受け止め、品質マネジメントシステムの有効性を継続的に改善し、常に成長し変化し続けながら、一貫した良品質のサービスを提供する光照園ブランドを構築します。

王子光照苑の理念

 王子光照苑は、人々の幸せを創造し、福祉サービス事業者として常に一流としての品質と地位を維持し、社会に高く評価され、ご利用者に満足いただける最高のサービスを提供します。そして、地域、社会、環境に貢献するホスピタリティ事業者として、将来に亘り事業の永続的な発展を目指します。

*社会福祉法人光照園*

  *平成29年4月1日改正*            *平成29年7月1日改正*

組織及び設置施設

法人名 社会福祉法人 光照園
代表者 理事長  鈴木 文子
所在地 東京都北区王子3-3-1
電話番号 03-3927-9851(代表)
FAX番号 03-3927-9835
E-mail hikari@o-kousyoen.com
法人常務理事 毛部川 三男(法人本部常勤)
施設長 王子光照苑   苑長  蒲生 七郎(平成28年6月1日就任)

江戸川光照苑  苑長  日比谷 登志子(平成25年11月1日就任)

 

法人沿革

1988年(昭和63年) 3月11日 東京都知事の認可を受け、初代理事長 鹿野光雄のもと社会福祉法人光照園を設立。
東京都北区王子に老人福祉施設としては北区初となる「王子光照苑」の工事を着工。
11月21日 王子光照苑事業開始
1995年(平成7年) 4月1日 王子光照苑初代園長 荻原栄治の退任に伴い、花輪壽夫が王子光照苑園長に就任。
1996年(平成8年) 7月30日 江戸川光照苑事業開始。
1997年(平成9年) 4月1日 北区より委託を受け、王子光照苑にて配食サービスを開始。
1998年(平成10年) 4月1日 王子光照苑にて訪問介護サービス事業を開始。
9月28日 理事長 鹿野光雄の退任に伴い、理事長に初澤喜久夫が就任。
1999年(平成11年) 12月16日 江戸川光照苑初代園長 木村明哉の退任に伴い、園長に毛部川三男が就任。
2000年(平成12年) 3月17日 理事長 初澤喜久夫の退任に伴い、理事長に花輪壽夫が就任。
4月1日 介護保険制度施行に伴い、王子光照苑・江戸川光照苑ともに各介護保険事業所を開設。また、北区からの委託にて王子光照苑で在宅介護支援センターを開設。
8月1日 北区より王子東高齢者在宅サービスセンターおよび、堀船高齢者在宅サービスセンターを受託。
2002年(平成13年) 6月18日 王子光照苑にて東京都では初となる特別養護老人ホームとしてのISO9001を認証取得。
10月11日 王子光照苑大規模修繕工事施工。
2003年(平成14年) 1月6日 江戸川光照苑にて、配食サービス事業開始。
2005年(平成17年) 6月21日 王子光照苑は、地球温暖化防止国民運動「チーム・マイナス6%」に参加。
9月21日 理事長 花輪壽夫逝去に伴い、理事長に鈴木文子が就任。王子光照苑園長に水野敬生が就任。
2006年(平成18年) 3月31日 北区の配食サービス事業撤退により、王子光照苑での配食サービスの委託事業を終了する。
4月1日 北区指定管理制度により王子東および堀船両事業所が北区の委託事業から社会福祉法人光照園での経営となり、介護保険事業となる。

介護保険制度改正により、高齢者在宅サービスセンターで通所介護事業および、訪問介護事業。特別養護老人ホームで短期入所生活介護事業それぞれに介護予防事業の指定を受ける。

江戸川光照苑にて地域包括支援センター事業を開始。
10月16日 王子光照苑ホームページが、全国老人福祉施設協議会広報コンテスト「ホームページ部門」において、最優秀賞を受賞。
2007年(平成19年) 6月26日 特別養護老人ホーム王子光照苑が優良防火対象物として王子消防署管内の福祉施設としては初めて認定を受けました。
10月 1日 王子光照苑にて、在宅介護支援センターを廃止し、新たに地域包括支援センター事業を北区より委託。
10月22日 王子光照苑ふれあい通信が、全国老人福祉施設協議会広報コンテスト「広報誌部門」において、最優秀賞を受賞。
2008年(平成20年) 4月1日 王子光照苑施設長が毛部川三男に、江戸川光照苑施設長が水野敬生にそれぞれ交代となる。
2010年(平成22年) 10月1日 豊島地域包括支援センター事業を北区より受託。
2011年(平成23年) 3月31日 王子東高齢者在宅サービスセンター指定管理終了。事業は堀船事業所と統合。
2012年(平成24年) 4月1日 王子光照苑地域包括支援センター及び豊島地域包括支援センターのそれぞれ名称が、王子光照苑高齢者あんしんセンター、豊島高齢者あんしんセンターとなる。
2013年(平成25年) 4月1日 地域福祉の活性化と効率化を図るため、高齢者あんしんセンター等を、居宅サービス部から独立した地域福祉部に再編入する。
11月1日 江戸川光照苑苑長 水野敬生の退任に伴い、日比谷登志子が江戸川光照苑苑長に就任。
2016年(平成28年) 6月1日 王子光照苑苑長 毛部川三男の退任に伴い、後任として蒲生七郎が就任。毛部川三男は常務理事として本部常勤となる。